チェコのペンパルから手紙

チェコのペンパル
「葬儀屋の対応にむかついて、悔しくて泣いた」と書いたら
「ひどいね。それって本当に悲しいことだよね」と手紙に書いてありました。
パルの親戚の葬儀でも、棺に高いお金を支払ったのに、葬儀屋が安い棺を手配したことがあったそうです。
葬儀屋トラブルというのは、外国でも多いのかな・・・。
あとから知ったんですが、日本では多いみたいですね。
それってすごく残念で悲しいことだと思う。

「日本では1年間喪中だよ」と伝えたら
チェコでは6週間なんだそうです。
そのあいだ、パーティ、結婚式、劇場、映画館には行かないそうで、女性は黒い服を着るそうです。
日本でも結婚式は控えるとか言うけど、映画館は初めて聞きました。
先週、「アナと雪の女王」を見てきたんですが、パルに伝えたらどう思うかな・・・。
(映画、とても良かったです。歌も良かった!)

パルの親戚が娘さんを亡くし、その方は「一生涯、黒い服を着る」と思ったそうですが、その後お子さんを授かり、彼女の人生が変わって、黒い服を着るのをやめたんだそうです。
チェコでは黒は悲しみをあらわす色なんだそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード