健康は一番の幸せ

新しい年になりました。
今年もよろしくおねがいします。

元旦からこんなこと書くのはどうかな?と思うけど・・・。
去年、大切な人が健康なことはとても幸せなんだな、ということを実感しました。



実は12月中旬に母が亡くなりました。
一つ前の記事に、急性肝炎は治ると書いてたんですけど、急性肝炎のうち1パーセントが劇症肝炎になるそうで、母はその病気でした。
12月初めは、普通に会話ができていたんです。
だから治ると信じていたし、先生が「今は普通に話せるけど、そのうち意識がなくなってくる」と言われても、嘘だ~と思って信じていなかったんです。
最初の数日は救命救急センターに入ってたけど、一般病棟に移ることが出来て安心していたその翌日の朝、「急変した」と病院から電話があって、もう震えが止まらなかったです・・・。
すぐ病院に駆けつけたとき、母は苦しそうだったけどまだ会話ができる状態で、ちょっとだけ安心して。
容態が安定してきたということなので帰宅したんですが、その日の夕方、まだ病院から急変したと連絡があって、その時は「もうダメなのかな?」とか「もし死んじゃったらどうしよう」とか色々考えました。
その日の夕方に病院に行ったときには、もう母は意識がありませんでした。
肝性脳症が現われたみたいです。
その日は病院に泊まりました。
控え室で、前から楽しみにしていたフィギュアスケートのグランプリファイナルを見たんですが、全然楽しめませんでした。
真央ちゃんとか羽生くんとか見ても何も感じないし、ご飯食べていても全然おいしくなかったし。

この日、初めて血漿交換(人工透析みたいな機械。うまく説明できないけど、輸血で新しい血に交換するみたいです)というのをやったんです。
管がいっぱいで、手も足も拘束されて・・・。

先生からあと2,3日の命だと告げられたとき、「血漿交換をやりますか?それとも自然なままにしますか?」と聞かれて、苦しまないほうを選びました。
血漿交換をやってもあと10日くらいしか生き延びないと言われて。
もし効果があるなら、苦しくても血漿交換を選んでいたと思います。

最後は、身内のみんながいる前で、静かに息を引き取りました。
看護婦さんが「こんなにたくさんの人が最後に病院に来てくれて、幸せだね~」と母に語りかけていて、そうだよな~と思いました。

今は落ち着いているんだけど、入院していた頃は精神的にきつかったです。
いつ急変するか分からないし、ずっとソワソワしてました。
一度、病院と同じ市外局番から電話がかかってきて、「急変したのかも?」と思って電話に出たら、病院じゃない別のところからの電話で、もう腰を抜かしそうになりました・・・。
それくらい病院からの電話が恐怖だったんです。

こんな経験をして、健康というのは大切なんだな、と改めて気付きました。
当たり前のことなんだけど、今年は健康でいられることに感謝できる一年でありたいな~と思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

mihoさんへ。

mihoさん、こんばんは。こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
お母様のご冥福をお祈りします。


自分も、ガンになってみて、改めて、命や、健康の大切さに気付かされた
思い出があります。

今は、すごく大変だと思います。
あまり上手く言うことはできませんが、mihoさん自身、無理されることが
ありませんように。


Re: mihoさんへ。

Gabriellaさん、ありがとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

Gabriellaさんのブログを拝見したんですが、健康診断の結果、何もなくて良かったですね^^
健康であるということはとても幸せなことなんだな~と改めて気付きました。
母は自分で、年末年始の準備もしてたんです。
まさか亡くなってしまうなんて想像してなかったでしょうね・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして。
ブログ村のランキングから来ました。
私もお手紙大好きです!
そして、私も去年の8月に急に最愛の父が亡くなりました。
とてもつらくてつらくて、あんなに大好きだったお手紙が書けなくなってしまいました。
私の父も容態が急変したのですが、担当医師からこんなに早く容態が悪くなるのは稀です、と言われました。
苦しそうではあるけど会話ができたこと、その後容態が急に悪くなり意識がなくなったこと、病院に泊まり込んでご飯を食べるものの何も感じないこと、父が息を引き取るとき母、兄、私の旦那さんや子供たち、友達などたくさんの人が見守る中、息を引き取っていったこと・・・。
とても似たような経験をされたのだなあと思い、思わずコメントしてしまいました。
私も父が亡くなってからの1ヶ月は子供たちに見られないよう、隠れて毎日のように泣いていました。
今でも、父が亡くなるまでの2日間のことを思い出すと、涙が出てきます。
今は気持ちの整理ができ、落ち着いて生活することができるようになりましたが、悲しい、さみしいという気持ちは減ることはありません。
ですが、笑顔で元気に生活は出来ております。
mihoさんも時間がかかってもいいと思います。
少しずつ元気を取り戻されますように・・・。
プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード