お悔やみカード

今月から、郵便局でこういうのが発売されていたなんて知りませんでした。


日本郵便は、喪中の知らせを受け取ったら、お悔やみの言葉にそっとモノを添えて心を伝える喪中見舞いの3商品を、2013年10月1日から、全国の郵便局(一部郵便局と簡易郵便局は除く)で販売を開始する。
同商品は『喪中はがきが届いたけれど、どうしよう』という多くの声から新しいメッセージスタイルとして生まれた。

 昨今、近親者のみで故人を送る家族葬が増え、喪中はがきで初めて逝去を知る機会が多くなっている。
そのため、喪中の知らせを受けた人から『時間が経ってしまったけれども、何かお悔やみの心を伝えたい』という気遣いの心を抱きつつ『どのように伝えたらよいかわからない』という声が数多く寄せらた。
そこで、喪中の知らせを受け取ったら、さりげなく贈れる3商品を用意した。

3商品は以下の通り。

(1)印刷済みの私製はがき「私製喪中見舞いはがき」4種類(菊、梅、雪ぼたん、あじさい)。
同絵柄2枚入り1セットで価格は210円(税込)。

(2)『お線香たより「翠麗」』。日本香堂(東京都中央区)との共同開発商品。郵便局限定お線香セット(約50g×2箱入り)で、240円分の切手を貼って投函できる。
価格は1,050円(税込)。通年販売する。

(3)「喪中見舞パック」。ラベンダー・蓮花・白梅の3種類(1種類当たり約60g入り)の香りの線香。
レターパックで投函できる。
全国385の郵便局で販売。
価格は1,750円(税込)。

(1)と(3)の販売期間は、2013年10月1日~2014年2月28日。




新聞で知ったんですが、シンパシーカード(お悔やみカード)というカードがあるんですね。
ペンパルの家族が亡くなった時とか、どういう言葉をかけていいのか迷っていました。
ネットでお悔やみの英文を探して、手紙に書いてみたり・・・。
欧米では、近しい人が亡くなったとき、シンパシーカードを送るんだそうです。
それから、ペットを亡くした飼い主宛てのシンパシーカードもあるみたいです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード