スペインの歴史

スペインのペンパルに、「日本スペイン交流400周年の切手が発売されるよー」と伝えたら、
(郵便局HP)

「今年の6月に、皇太子様がスペインに来たわ」
(2013年6月、日本とスペインとの国交400年を記念して、徳仁皇太子がコリア・デル・リオを訪問し、植樹式を行なった←Wikiより)

「スペインには、ハポン(Japón=日本)という苗字の人がいるって知ってた?」
とパルから聞かれました。
知らなかったので、Wikiで調べてみると

慶長遣欧使節団はスペイン南西の都市セビリア近辺にあるコリア・デル・リオに長期滞在した。
この小さな港町には常長を記念する銅像が建てられている。
また、この町にはハポン(Japón=日本)姓もしくはXapón姓の人が数百人住んでおり、この使節団の中で日本に帰らず現地に留まり移住したキリスト教徒の仙台藩の藩士や使節の現地人水夫、その支援者の子孫であると言われている。
ハポンの表記は、スペイン北方のガリシア州におけるガリシア語では現在もXapónである


慶長遣欧使節について、ペンパルも知っていたなんてびっくりです。
スペインでも歴史の授業で習うのかしら?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード