オーストリアのペンパルの前向きな言葉

オーストリアのペンパルへお返事を書いています。
彼女は入退院を繰り返しているんですが、すごく前向きな文章が書かれていて、私のほうが元気をもらってしまいました。

「もし、あなたが病気になったり障害をもったら、二通りのパターンがあると思うの。
ひとつは、それを受け入れて、最善を尽くすし、笑い飛ばすこと。
もうひとつは、落ち込むこと。
私は、最善を尽くすほうをとるわ」

と書いてあって、ペンパルはなんて前向きなんだろうと思いました。

お医者さんから病名を聞かされたとき、号泣して、その病気を調べまくったそうですが(調べると余計に心配になり、やめたそうです。)

「でも前向きに頑張ろうと思っているわ。
これは、周りの人が励ましてくれるおかげね」

と感謝の言葉が綴られていました。
私は大きな病気はしたことがないけど、もし病気になったらペンパルみたいに強く、前向きになれないかも・・・。
でも、ペンパルの言葉は心にとめておきたいな、と思いました。

彼女の病気が少しでも良くなるよう、願うばかりです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミホさん、こんにちは!
いつも更新を楽しみにしています i-267

オーストリアのpalさんは、とても前向きで素敵な方ですね。
きっと、この考えに至るまでは、palさんもものすごく辛くて苦しかっただろうと思います。
どうして自分が…と思ったり。
私も、今でこそ通常の生活に戻れているのですが(でも、通院はしています)、一時期は起き上がることもできませんでした。何度か休職もして、本当にまた以前のようになれるのかと毎日泣きながら絶望的な日々を過ごしていました。
でも、ある時から、これではダメだと思い、しんどくても無理矢理上を見て空を眺めるようにしました。
下ばかり向いていたので、気持ちまでも…。

palさん、少しずつでも良くなるといいですね。
私も、陰ながら応援しています i-265

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

あやっぺさん、こんばんは。

もし私がオーストリアのパルの立場だったら、きっと毎日落ち込んでいるだろうなと思います。
ペンパルは、入院を繰り返したり、手術があったり、体重がものすごく減ったりして大変な日々を送っているけど、手紙に「私はそれでも幸せだよ」と書いてあり、なんてパルは強いんだろうと尊敬してしまいました。

あやっぺさんが今、通常の生活に戻ることができて本当に良かったと心から思っています。
起き上がることができなかったというのは、とても大変でしたね・・・。

たしかに下ばかり向いて歩いていると、気持ちまで沈んでしまいますよね。
空を見上げるのって、すごくいいことなのかも。
空がきれいだとか、道端に咲いているお花がきれいだとか、こういう些細なことって、意識しないと全然気付かないものですし・・・。

オーストリアのパルへの暖かいメッセージありがとうございました☆
パルに伝えておきます。
きっと喜ぶと思います♪
ありがとうございます。

プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード