読書

フィンランドのペンパルが、ヘルシンキでは雪が降り始めたと言っていました。
フィンランドはもう季節は冬なんですね。

今日の「純と愛」は比較的穏やかだったので、安心して見られました。
でも愛の両親がホテルにいて、何かまたありそうな予感・・・。

9月の読書メーターのまとめです。
9月はたったの4冊しか読んでないとは・・・。
(ヴィクトリアン・ローズテーラーは読んだけど、まだ感想は書いてないので。)

1番のお気に入りは「おちくぼ姫」。
読了感最高でした。
平安時代のお話で、その当時の時代背景について丁寧に説明されているのも嬉しかったです。

9月分の読書のまとめは追記でどうぞ。
拍手ありがとうございました♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2012年9月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:974ページ
http://book.akahoshitakuya.com/u/162834/matome?invite_id=162834

■よろこびの歌
「サンダーロード」と「カレーうどん」が好きでした。ボーズと浅原先生、二人とも良い先生だなー。私もマラソン大会は嫌いだったので、玲の気持ち分かる!「これからなんじゃないの、あたしたち」という言葉が心に響きました。青春ですね。
読了日:9月26日 著者:宮下 奈都
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22457141

■漁港の肉子ちゃん
良かったー。肉子ちゃん、いいキャラだなぁ。鈍いけど、豪快で(特にいびき)、優しくて。漁港の雰囲気もとても好きです。町の人たちも温かいね。桜井くん、松本くん、二宮くんって嵐?と思った。表紙、すごいインパクトがありますね。石巻がモデルになっているというところに、グッときました。
読了日:9月24日 著者:西 加奈子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22411743

■しあわせのパン (ポプラ文庫)
パンがおいしそう。新鮮な材料を使っているし、パンだけじゃなく、他の料理もきっとおいしいだろうなぁ、なんて想像しながら読みました。カフェ・マーニのお店の雰囲気が好きです。どのお話も素敵でしたが、「壊れた番台とカンパニオ」が一番好きです。阪本さん夫婦が切ないけど、でも心がジーンときました。「月とマーニ」の絵本がついているのが嬉しかったです。本文の「スキナトキニ スキナコトヲ」という文章が印象的でした。
読了日:9月16日 著者:三島有紀子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22178736

■おちくぼ姫 (角川文庫)
とても良かった。日本版シンデレラストーリー。北の方、とてもヒドイ。あと、中納言も頼りない父親だなぁと思いました。少将とおちくぼ姫のお話はとっても素敵でした。途中、ハラハラさせられる場面もあって、面白かったです。阿漕と帯刀、この二人も最高でした。四の君も良かったなぁと思いました。平安時代の文化について、分かりやすく説明してあるところは、助かりました。いつか原典に挑戦してみたいです。
読了日:9月11日 著者:田辺 聖子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22046968


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード