フランスでは・・・

こんばんは。

昨日、フランスのAちゃんからお手紙が届きました。
Aちゃんは、日本が大好きで、時々、日本食を作っています。

前に、「豚のしょうが焼きがオススメだよー」と伝えたら、
「生姜って食べたことないの。辛い?」と聞かれたので、
フランスでは、生姜を食べないのかな?と思い、Aちゃんに詳しく聞いてみたら、もう驚きの答えが(苦笑)

フランスでは、生姜は、いやらしい意味があるみたいで、Aちゃんいわく
「買ったら、お店の人に変な目で見られると思う・・・」そうです。

日本では、生姜は、風邪や冷え性など、体に良いと言われているのにね。
でも、Aちゃんはいつか豚のしょうが焼きを作ってみたいそうです。

そういえば、本に「海外では、薄切り肉とかは売ってない」って書いてありました。
かたまり肉の状態で、売られているみたい。
フランスに、しょうが焼き用のお肉なんて、売ってないですし・・・。
自分で、かたまり肉を薄く切るなんて難しいと思う。
そうなると、豚のしょうが焼きを作るのは、海外では難しいかもな~。

外国で、和食を作るのって本当に色々と大変ですね・・・。

拍手ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ。

薄切り肉、ないですよね。><

超薄く切ってもらったわよ!って言われて見てみたら
はぁ・・・焼肉用ですか?って感じだったし。

すきやきとか作ってあげたら喜ぶかな~~~~と
思っても、お肉をゲットできませんもんね。

生姜・・・どういう意味なんだろう?なーんて
思っちゃいますね。日本のスッポンみたいな?!
はて?

Re: こんばんわ。

こんばんは。
やっぱり、外国には薄切り肉ってないんですか?
外国行った時、全然そんなこと意識しなかったけど、よく考えるとステーキとか分厚い肉しか食べなかったような・・・?
薄切り肉が外国にもあると思ってました。
日本食だと薄切り肉とか使いますもんね~。
すき焼き、しゃぶしゃぶ・・・
海外だと難しそうですね。

スッポン食べたことないんです、私。
フランスではスッポンって食べるのかしら?

でも、フランスでは生姜は絶対に恥ずかしくて買いにいけないです・・・。
プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード