ルクセンブルクへポストカード

ルクセンブルクのペンパルへ京都・龍安寺石庭(Rock Garden of Ryoan-ji Kyoto)のポストカード。
去年は2回、ルクセンブルク宛ての手紙が紛失したので、最近は、彼女にはポストカードを送っています。

ポストカードによると、龍安寺は「虎の子渡し」と呼ばれているそうです。
虎の子渡しをWikiで調べてみると・・・

虎は、3匹の子供がいると、そのうち1匹は必ずどう猛で、子虎だけで放っておくと、そのどう猛な子虎が他の子虎を食ってしまうという。
そこで、母虎が3匹の虎を連れて大河を渡る時は次のようにする。
母虎はまず、どう猛な子虎を先に向こう岸に渡してから、いったん引き返す。
次に、残った2匹のうち1匹を連れて向こう岸に行くと、今度は、どう猛な子虎だけを連れて、ふたたび元の岸に戻る。
その次に、3匹目の子虎を連れて向こう岸へ渡る。
この時点で元の岸にはどう猛な子虎1匹だけが残っているので、母虎は最後にこれを連れて向こう岸へ渡る。
つまり、3匹の子虎を渡すのに3往復半する訳である。
龍安寺の石庭はこの様子を表したものだという訳である。


ryoanji_convert_20120509184304.jpg

ルクセンブルクの学校では、ルクセンブルク語を勉強しないと言ってたので、
「ルクセンブルクの人は、ルクセンブルク語を話さないの?」
「家族や友達とは、何語で話すの?」と聞いてみました。
多言語の国って、家族と話す言葉が一番の母語のような気がします。
家族ともフランス語やドイツ語がまざった言葉を話すのかしら?
気になるな~。

前に、パルは「仕事ではフランス語で会話するよ」と言ってました。
彼女は、会社でフランス語で話すことには、どちらかというと否定的な考えです。
「ルクセンブルクで働いているのに、ルクセンブルク語を使わないのは、あまり好きじゃない」そうです。

以前書いた記事で、フランス語の時刻のことについて聞こうと思ったのに、すっかり忘れてしまいました。
Il est deux heures.イレ ドゥー ズール(2時)
Il est douze heures.イレ ドゥーズール(12時)
2時と12時は、聞き取れる?という質問。
これは次回に・・・。

humi_convert_20120509184336.jpg
切手は、ふみの日。


拍手ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード