ヨーロッパのお水

おしゃれな洋食屋さんへ行ってきました。
フランス語の歌とかが流れていて、家具とかも素敵でした。

そこに雑学の本が置いてあったので、パラパラと読んだら、ヨーロッパのお水のことが書かれていたのですが、興味深いことが書かれていて、これはぜひフランスのペンパルに教えてあげたい!と思いました。

日本のお水とヨーロッパのお水は違っていて、水道水を直接飲める国って、実はなかなかないそうです。
(当たり前すぎて気付かないですけれど、水道水が飲めることは、本当はとてもありがたいことなんだな、と思いました)
なので、フランスでは、ワインがお水の代わりを果たすそうです。
お水が違うから、ヨーロッパで日本食を作ってもおいしくない、とのこと。
フランスのペンパルAちゃんは、日本食を家で作っていて、いろんな和食を作るのが夢なんだそうです。
Aちゃんの家では、お水はどうしているんだろうと、ふと思いました。
お水は、味を決める上で、大切なことだと思うんだけどなー。
Aちゃんは最近、みりんを買ったと言ってたのですが・・・。
Aちゃんにお水のことを聞いてみたいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード