12月に読んだ本

最近は、ずーっと読書にはまってます。
今、一番ハマっているのは「ヴォクトリアン・ローズ・テーラー」シリーズです。
今は、「窓の向こうは夏の色」を読んでます。

だから、今年の目標の「たくさん本を読む」は、今のところクリアかな。
木村拓哉さんのラジオで先週、「今年の目標立てた人は、早くやらなくちゃいけないよ」みたいなことを言っていて、ハッとなりました。
毎年、目標立てただけで忘れちゃうから(笑)

2012年は、
①小さな幸せをたくさん感じる
②心を込めてお手紙を書く
③本をたくさん読みたい
④英語とフランス語のスキルアップ

小さな幸せって感じるのって難しいですね。
小さなことに気付かないと、幸せって感じられないから。

心を込めて手紙を書く、というのはどうだろー?
とりあえず、ペンパルに飽きられないような手紙を心がけているつもりです。

英語は、NHKラジオ「ラジオ英会話」を聞いているくらいです。
フランス語は、NHKラジオを録音しているけど聞けてない・・・。
録音したものがたまる一方です。

地道に頑張りたいです。

追記は、読書メーターのまとめ(12月に読んだ本)です。
12月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2024ページ
ナイス数:0ナイス

恋のドレスは開幕のベルを鳴らして ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) (コバルト文庫)恋のドレスは開幕のベルを鳴らして ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) (コバルト文庫)
第2作目。おもしろかったー。闇のドレスを誰が着ているのか最初分からなかったです。あとアイリスも・・・。リルちゃんまだ小さいのに、ませているなぁ。そこがかわいいな、と思いました。パメラが「わたしがいなくなったら、クリスはどうなるの?」と言ったところに、パメラの優しさを感じました。クリスのこと、とっても気に掛けてくれているんだなーって、こちらが嬉しくなりました。
読了日:12月30日 著者:青木 祐子
ぷちかわイラストぷちかわイラスト
女の子のイラストが、丸や三角だけで描けるのでとても簡単で、しかも可愛いです。イラストを使った色んなアイデアも紹介されていて、それもとてもキュートでした。プチノートの作り方やカードの作り方は簡単で試してみたいな、と思いました。
読了日:12月29日 著者:しまだ・ひろみ
ゆるかわイラストゆるかわイラスト
かわいいです。手紙にちょこっと描いたりして楽しんでいます。
読了日:12月29日 著者:しまだ・ひろみ
ayacoのはんこノートayacoのはんこノート
かわいいです。消しゴムはんこの作り方だけではなく、はんこを使ったアイデアが紹介されているのですが、どれもかわいくて眺めるだけでも満足です。
読了日:12月29日 著者:ayaco
消しゴムはんこのちょこっとアイデア消しゴムはんこのちょこっとアイデア
とってもかわいいデザインがいっぱいで、眺めているだけで楽しいです。 まだまだ初心者なので、本のようには作れませんが・・・。
読了日:12月29日 著者:mizutama
消しゴムでフランスはんこ消しゴムでフランスはんこ
読了日:12月29日 著者:がなはようこ:ピポン
うさぎパン (ダ・ヴィンチブックス)うさぎパン (ダ・ヴィンチブックス)
表紙と同じように、内容もかわいらしかったです。個人的に、タイトルを見て、子供の頃好んで食べていたウサギパンを思い出しました。パン屋さん巡りは楽しそう。最後、聡子さんとミドリさんの関係にビックリしたけど、全体的に読みやすくホンワカした気持ちで読めました。目次が第1章とかじゃなく、パンの絵柄になっているところもかわいらしくて好きです。
読了日:12月26日 著者:瀧羽 麻子
恋のドレスとつぼみの淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) (コバルト文庫)恋のドレスとつぼみの淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) (コバルト文庫)
第1作目。読みやすくて面白かったです。絵もかわいいです。登場するドレスのイラストを全部見てみたいなー。フローレンスのドレスかわいかった!!クリスは自分自身のことには疎いですね・・・。フローレンスのことは分かったのに。そんなクリスがこれからどうなるのか楽しみです。
読了日:12月25日 著者:青木 祐子
スコーレNo.4スコーレNo.4
大人になってからのNo.3とNo.4が面白くて、読みやすい内容でした。茅野さんが素敵。
読了日:12月22日 著者:宮下 奈都
楽しさ届ける はじめての絵封筒楽しさ届ける はじめての絵封筒
読了日:12月20日 著者:内尾 夕子
食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書
長かったし、全体的に読みにくかったかな?インド編では読むのを何回か諦めようと思った・・・。インドでは、祈ってばかりで、宗教についてそれほど分からないし、信仰心も薄い私にはあまり理解できませんでした。私もバリ島へ行ったことがあるのですが、バリでの過ごし方が作者とは全く違っていて、その違いが面白かった。バリ島の文化(不動産についてや、家族のことについて)が知れたのは良かったかな。バリでは男性のほうが権力が持っているんだな、と・・・。イタリアでごはんを食べたくなりました。
読了日:12月20日 著者:エリザベス ギルバート

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード