最高の贈り物

フランスのペンパルから手紙が届きました。
彼女とはもう5年以上の長い付き合いをしています。
クリスマスと誕生日には素敵な手作りのカードやプレゼントを送ってきてくれて、その心遣いはとってもうれしく思っているのですが・・・
彼女の手紙は自分のことばかりで、私の手紙のことに触れてないことが時々あります・・・。
私がした質問に答えてくれないことが多いです。
私の手紙を読んでないんじゃないかな?って疑ってしまうこともあって。
ペンパルを信じたいんですけどね・・・。

ペンパルにそんなことを言っても良いのか分からなくて。
とりあえず、この前送った手紙には、質問部分にすべて下線を引いてみました。
これで、彼女は私が質問をしていると一目瞭然で分かると思うんだけど・・・、それでも、もし答えてくれなかったらどうしましょう??

プレゼントをもらうのは嬉しいです。
でも、私はどちらかというとプレゼントよりも手紙に重きを置いています。
手紙って、時には最高の贈り物になることがあるそうです。
なので私は心のこもった手紙のほうが嬉しいんですよね。

フランスのパルが気付いてくれるといいんだけどなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミホさん、こんにちは。フランスのペンパルとは長い付き合いなんですね。私も、プレゼントよりも手紙を重視しています。手作りのカードやプレゼントはすごく嬉しいですが、その前に、ちゃんと手紙を読んでいるかがポイントになりますよね。私は以前同じ日本人の子と文通していた時期がありましたが、やはり自分の事ばかりで私の手紙に触れていない事が多かったです。そのときはちゃんと「私の手紙を読んで。」とはっきり書きましたが。英語で書くのは勇気がいるかもしれませんね。下手に変な誤解を招く場合もあるかもしれませんので。とにかく、フランスのパルがミホさんのお気持ちに気がつくと良いですね。

Re: タイトルなし

こんばんはー。
フランスのペンパルとは長いんですけど、今振り返ってみると、私の手紙の内容すべて無視というときのほうが多かったような気がします・・・。
今までも彼女からの手紙を読んで、私の手紙をすべて無視したということで落ち込むことが何回もあったけれど、ずるずるやり取りが続いて今に至ります。

普通、手紙って相手を喜ばせるものなのに、落ち込むって何か変ですね。
でも、「はあ~」ってため息をしそうになってしまうんですよね。

「手紙を読んで」「質問に答えて欲しい」と私も言いたいけど、相手がもし嫌な思いをしたり、怒ったらどうしようと思って、言う勇気がなくて・・・。
でも、言わないとずっと彼女は気付かないでしょうね。
どうしたらいいやら。

ミホさん、こんばんは。よんでいて落ち込むぐらいの手紙なら私は冷たいかも知れませんが、文通をきっぱりやめてしまいます。冷たいかもしれませんが。一度、彼女に悩みか何かを相談してみてはどうでしょうか?(もしかしたらすでにしたことがあるかもしれませんが)それで真剣に相談に乗ってくれるようなら5年以上も文通している成果があるとおもいますが。
「質問に答えて」、「手紙を読んで」とさりげなく書いてみるのも良いかも知れませんよ。多分彼女はミホさん以外のペンパルにも同じように文通しているんだと思います。

Re: タイトルなし

こんばんは。
そういえば、彼女には悩みは相談したことないです、多分。
「手紙読んで」とさりげなく言ってみようかな、と思ってます。
ただ、英語だから丁寧にうまく言えないんですよね・・・。

実は彼女と共通のアメリカ人のペンパルがいるんです。
アメリカ人のペンパルは、私の質問に答えてくれるのですが、フランスのペンパルがどうアメリカのペンパルとやり取りしているかは分からないです・・・
質問答えているのかなぁ?

でも、フランスのペンパルは震災の時、すっごく日本のことを心配してくれて優しい言葉をかけてくれたので、私としては文通を続けたいなーと・・・。
どうにか彼女が気付いてくれると嬉しいんですけどね。

勇気を出すしかないかな…

みほさん、こんばんは。
いつも更新を楽しみにしています。
ちょっと前の記事ですが、コメント送りたいと思いながらも時間の都合でできなかったので、今回書きますね。

質問に答えてくれないpalっていますね、確かに。
私は、頻度が少なければ気になりません。
自分が時々、palの質問に答えるのを忘れることがあるので。。

だけど、しょっちゅうだったりあまりにも多いと、まだ文通歴が浅ければ疎遠にしていました…。
ただ、みほさんとフランスのpalさんとは既に文通歴が5年以上ということなので、私だったら言っちゃうと思います。
そして、幸運にも共通のpalがいるということなので、私はその共通のpalに相談するかな。

いずれにしても、これは普段の生活でも言えることだけれど、基本「相手は多分変わらない」と思うのです。
ならば、「自分が変わるしかない!」ということで、勇気がいるけれど相手にはっきりと言うか、アメリカのpalに訊いてみるというのはどうでしょうか…。

失いたくないと思うなら、余計にね i-260

Re: 勇気を出すしかないかな…

こんばんは。
コメントありがとうございました。

facebookでも、自分のことについてたくさん更新しているので、自分のことを話すのが大好きな子なのかな、とも思っています。
ネットで検索してみたら、外国人は自己主張が強いので、自分のことについていっぱい話したい人もいる、みたいなことが書かれていました。

とりあえずアメリカのペンパルに聞いてみようかな、と思っています。
そして、勇気を出して、フランスのパルに質問の答えて欲しいと伝えるつもりです。

なるほど~、「相手は変わらない」というのは納得です。
私は普段から、あまりはっきりと物事を言えない性格なので、自分から少し勇気を持ってみる、というのも大切ですね。
プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード