フィンランドより

フィンランドのMからの手紙。

ユーロについて教えてくれました。

コイン→5セント、10セント、20セント、50セント、1ユーロ、2ユーロ
お札→5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、100ユーロ、200ユーロ、500ユーロ

「フィンランドでは、1セントと2セントのコインは使いません。
(小さなお金だから・・・)
でもこの前、エストニアへ行ったんだけど、エストニアでは使われているよ」とのことです。

「500ユーロ札は見たことはあるけど、使ったことはないわ」とのこと。

1ユーロを100円と換算すると、500ユーロは5万円ということになりますね。

何かの本で読んだことがあるのですが、500ユーロ札は持たない人のほうが多いそうです。
スリとかにあった時のことを考えると危険だし、お店で500ユーロ札で払ってもおつりが払えないと書いてありました。
その本には、日本人は知らずに500ユーロ札に両替してしまうから、気をつけたほうが良いとも。

使いにくいという理由で2000円札って日本では使われてないですけど、ユーロには20ユーロとかあるんだなー。
使いにくくはないのかしら?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

いつも楽しくブログを読ませて頂いています☆

フィンランドでは小さいコインは使わないっていうのを読んで、私が15年以上前にフィンランドのパルに会いに行った時のことを思い出しました。スーパーで、1.28ユーロとか小さいコインを使わないと払えない金額なのに、5セントからしかコインは使わないって言われました。基本的には四捨五入するそうで、「1、2セント多く払ったって、気にすることじゃないでしょ」と言われて、結構びっくりした記憶があります。日本ではおつりが四捨五入なんて考えられないので、面白いですよね(^^)

また遊びにきます!(^^)/

ゆきんこ

Re: こんにちは。

こんばんは。
つたないブログですが、読んでいただきましてありがとうございます。
ゆきんこさんのブログも実はひそかに楽しく読ませてもらってます。

フィンランドのお金のやり取り、知らなかったのでビックリです。
日本の感覚からだと、フィンランドの大雑把(?)なやり方は考えられないですね~。
どっかの国では小さい額のお金がないから、お釣りに飴玉を渡すという国もあって、国によって違っていて面白いですね。

私もまたゆきんこさんのブログ遊びにいかせてもらいますね。
プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード