ヒロシマ

図書館で「ヒロシマ、遺された九冊の日記帳」という本を偶然見つけたので、借りてみました。
広島の女子学生9人の日記です。


ヒロシマ、遺された九冊の日記帳ヒロシマ、遺された九冊の日記帳
(2005/07)
大野 允子

商品詳細を見る


以前、別の本の記事を書きました。
http://niconicosmile1.blog114.fc2.com/blog-entry-445.html

「私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった」という本で、これも戦争を経験した人の日記です。
この本には日本人二人が書いた日記が紹介されていますが、原爆のことについては触れていなかったと思います。

ちなみに、この本を書かれた大野允子さん自身、原爆にあわれたそうです。
だからこそ、こんなメッセージが書かれていたのかな。
「たくさんの命を奪いみんなを不幸にする戦争を、わすれないでほしい。
原子爆弾の恐怖が消えない町広島についても、考えるひとになってほしいのです。」
と。

これから読む予定です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード