悲しいこと、うれしいこと

新聞を読んでいたら、思わず悲しくなりました。
震災後、東北や東電管内の企業を誘致しようとした企業や自治体があるらしく、その主な国は、中国と韓国だそうです。
何で日本が困っているときに、こんなことするんだろう、と悲しくなりました。
中には、「設備はこちらで用意するから、技術だけ欲しい」といわれた企業もあったそうです。
普段は、反日教育とか反日デモとか、日本のことを嫌っているのに、こういうところは、ちゃっかりしているというか・・・。
(注意:日本のことを好意的に思ってくれている中国、韓国人の人もいます)
日本の為というより、自分たちの為としか考えてなく、ひどいなぁ、と思いました。

反対に、うれしいニュースもあります。
スペイン皇太子賞に、原発に携わった人たちが選ばれたことです。
作業員の方や、自衛隊、消防の人たちがいなければ、今、日本はどうなっていたか分からないですよね。
本当に感謝の気持ちしかないです。
受賞おめでとうございます。

ペンパルに聞くと、海外のメディアでは、日本の地震関連のニュースはもうやってないと言ってました。
(原発のことは時々あるそうですが)
なので、スペインの人が覚えていてくれているのが嬉しかったです。
ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード