チェコからの手紙

チェコのVからの手紙を紹介します。

「チェコスロバキア時代は、共産主義国だったの。
チェコの人にとっては、忘れたい時期。
1989年11月17日、プラハで大きな学生デモがあって、このデモで共産主義国から民主主義国になったんだよ。」


チェコは今、民主主義国だから、国民は政府に対して意見を言うことができるそうです。
日本は、政府に対して意見を言えるから、Vの話をきいて、日本って幸せな国なんだなぁと思いました。

共産主義国のことを私はよく分からないけど、自由がないって大変なことなんだと思います。
自由があるというのは、すごくありがたいことですね。

ちなみに今、チェコでは11月17日は国民の祝日だそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミホさん、こんばんはv-22とんでもない時間からコメントします^^眠れなくて・・・。
チェコの方々にとっては共産主義時代はつらかったんですね。
私もドイツのペンパルが話していましたが「東ドイツと西ドイツでは大きな格差が生まれていて、ドイツの統一時期(ベルリンの壁崩壊時)はものすごい大変だった。いまでも、西と東はあまり仲が良いとはいえない。」と語っていました。どうやらその当時に関して聞くのもタブーだったみたいです。

私としては、共産主義時代にかんして興味があります。生活とか。
でも、自由に発言できないのは国民として辛いですよね。
改めて、自分の国がどれだけ幸せでありがたいことか、もっと感謝するべきなのかもしれないですよね。

私のブログでご迷惑をおかけしてすみません><数日前から新しいサイトに引越しをしましたので、よろしかったらまた遊びに来てください。
それではおやすみなさい☆

Re: No title

こんばんは。
チェコのペンパルは、まだチェコスロバキア時代は子供だったので、あまり覚えてないんじゃないかな?と思います。
でも、彼女の両親は、色々と大変だったと言ってました。

ドイツにペンパルいるんですけど、ベルリンの壁の質問をしたとき、何も答えてくれなかったから「嫌だったのかな~?」なんて思いました・・・。
ベルリンの壁って、鉄格子とかすごく頑丈な作りの壁になっていて、地下とかから東ドイツから西ドイツに行っていた人もいたと聞いたことがあるので、そうとう東ドイツは大変な生活を強いられたんだろうな、と思います。
でも、今でもその話ってタブーなんですね・・・。

日本も戦争に負けたけど、ドイツみたいに東と西、わかれなくて良かったなーと思います。
日本の場合は、原爆という悲惨な出来事がありましたけどね・・・。

お引越しお疲れ様でした。
無事、ブログ見られるようになりました。
リンクも変更しました。

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード