マンガ 夕凪の街桜の国

夕凪の街桜の国夕凪の街桜の国
(2004/10/12)
こうの 史代

商品詳細を見る


図書館にあったので、読みました。
図書館でちょうど見つけた時は、東日本大震災や原発、放射線といったニュースをやっていて、その時はこの本は読めないと思いました・・・。
以前、映画は見たことあって、どんな内容なのかは少しだけ覚えているから。

でもだいぶ私の中で落ち着いてきて、やっぱりこの本は読んでおかなきゃなーと思って。

ちなみにこの本は、マンガです。
原爆がテーマだけど、むごいイラストとかはないので大丈夫だと思う。
私はグロテスクなイラストって苦手なんです・・・

この本に出てくる、広島の原爆を落とされた若い女性はすぐには亡くならなかったんです。
それで自分だけ生かされているという罪をずっと背負ってきて・・・

それから、原爆を落とされたけど生きている人は、結婚差別みたいなのを受けていたなんて知らなかった。
原爆を落とされた人って、相手の親とかから結婚を反対されていたんです。

原爆を落とされた人は何も悪いことなんてしてないのに。

1番ショックだった言葉・・・
もうこの本は手元にはないからハッキリとは覚えてないんだけども。
結局、原爆を落とされた若い女性は10年後、亡くなります。
その時の言葉

「嬉しい?原爆を落とした人は『また一人殺せた』とちゃんと思ってくれてる?」

ショックというより、気持ち悪いと感じました。
だって、人に対して「一人殺せた」なんて喜ぶ人なんて普通いないよ。
原爆を落とした人だって、もし自分の大切な家族とかが、自分の落とした原爆で苦しんだら心が痛むはず。

でもね、さっき原爆を落とした人は、原爆をどう思っているか検索してみたら愕然としてしまいました。
気になる人は検索してみてもいいと思うけど、かなりショックです。
強いていうと、これが戦争であり、当時は日本は敵だったんだな、と感じました。
そして絶対戦争なんてしてはいけないと改めて思いましたね。

この本は英語版もあるみたい。
ペンパルにもすすめたいなー。
英語版のタイトルは、Town of evening calm, Country of cherry blossoms (Fumiyo Kouno)

日本版も英語版もマンガのわりに少し値段が高いかも・・・
図書館にあったら是非借りてみてください。
おすすめです。

Amazon見たら、一度だけじゃなく、読み直すと良いと書いてあったから、また今度図書館で読み直したいと思います。


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします☆☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード