これフランス語だったの?

コードブルーを見てたら、トリアージのことをやっていたんだけど
フランス語なんですね。

トリアージ(仏: triage)とは、患者の重症度に基づいて、治療の優先度を決定して選別を 行うこと。
トリアージュとも言う。
語源は「選別」を意味するフランス語の「triage」である。

災害時とかに用いるんだよな~くらいしか知らなかったんだけど
コードブルー見てたら、トリアージってすごーく難しいことなんだなって思いました。
まだ生きているのに、見込みがないと見捨てられるって残酷だなって・・・
見込みのない人より、助けられる人を優先って
身内からしたら「なんで?」ってなるし怒りたくもなるよなぁ。

最近、コードブルーにハマっていて
中国語がおろそかになりつつあります・・・

中国語の難しい漢字に

 ピンインyíng

という字があるんだけど
この漢字、こんなに難しいのに初級レベルです(キクタン4級に出てきます)
「勝つ」という意味なんだけど、日本語と全然違いますね

前に、ツイッターのフォロワーさんが
「最強に難しい中国語の漢字」を紹介していて
見たときは、「なんだこれ?」という感じでした。
パソコン入力できない漢字ということなので、
紹介しているサイトのリンクを貼っておきます。

http://www.yukawanet.com/archives/4535861.html

日本語で1番画数の多い漢字も紹介されているんだけど
これ、どんな書き順なの?とびっくりしてしまいました。

以前、ペンパルから「ポーランド語で1番難しいスペルはこれだよ!」と
教えてもらったことがあるんだけど
そのとき、わたしは「鬱」という字が難しいと返信しました。
日本語で1番画数の多い漢字「たいと」も紹介してみようかな。
どんな反応になるか楽しみです
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード