北朝鮮のこと

北朝鮮、またミサイルを飛ばしたのか・・・
なんで北朝鮮のせいで
日本は怖い思いをしないといけないんだろう。

前にペンパルと北朝鮮について話していたとき
「金正恩は一部の日本人から『黒電話』と呼ばれているよ。
理由は、電話の受話器みたいな髪型だから」
と言ったら
パルが「爆笑!」という話をしたことがあるんだけど
その頃はミサイルがこんなに飛んでくるとは思ってなかったし
平和だったな・・・

ところで、まいにち中国語でよく分かんない例文が出てきました。

这是用来做什么的? これは何に使うものですか?

単語の意味は
用 用いる
来 来る
做 する、やる
什么 何

「用いる」「来る」「何をする」という意味なのに
どうしてこれが「何のために使う」という意味になるのかよく分からない・・・

調べてみると、どうやら
「用来」(・・・のために用いる、用いて・・・する)という単語があるのね。
ということは、「何をするために用いる」という意味になるのかな?
む・・・難しいよ~。

ゴガクルで見つけた例文です。

我不打工就得喝西北风。
Wǒ bù dǎgōng jiù děi hē xīběifēng .
わたしはアルバイトをしないと、すきっ腹を抱えることになる。

喝西北风は直訳で「西北風を飲む」だけど
冬に北西の風が吹くことから、生活が苦しくて食べ物がない状況を表すのだそう。
日本語の「北西」と反対で
中国語では、「西北」なのかぁ。
ちょっとややこしいですね。

というか、北朝鮮の一般市民のほとんどが「喝西北风(飢えに苦しんでいる)」のに
なんで困っている人たちより核やミサイルなんだか・・・。
一般市民も、普通の感覚なら怒っていいと思うんだけど・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード