貧乏

yopparai_machi.png
我们再来一杯吧!(もう一杯いきましょう)
ってこんなイメージかな。
フリー画像見つけたので、覚えやすいかな?と思って画像貼ってみました。
「来」が「飲む」というイメージにつながらないので、いつも戸惑ってしまいます

辞書で気になった言葉を調べてみました。

「家徒四壁 jia1 tu2 si4 bi4」
(家が貧乏で持ち物が何もない)という成語があるんだけど
検索してみたら、この言葉って日本語にもあるんですね。

かと-しへき【家徒四壁】
きわめて貧しいことのたとえ。
もとは家の中に家財がなく、ただ四方の壁だけが立っている意。
▽「徒」は「ただ」「…だけ」の意。「家いえ、徒ただ四壁しへきのみ」と訓読する。

「ただ四方の壁だけが立っている家」=「貧乏」
こう覚えると分かりやすいかな^^

「翻烧饼 fan1 shao1 bing」
(しきりに寝返りを打ち寝付けない)
「烧饼 (焼餅)シャオビン」って中国の小麦粉料理(軽食?)らしいけど
料理名が出てくるのが面白いなと思ったけど、
なんでシャオビンを「翻(ひっくり返す)」と寝返りを打ち寝付けないになるんだろ~?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード