マレーシアのパルより

マレーシアのペンパルから、
マレーシアにあるキナバル山の伝説を教えてもらったんだけど
悲しい話で切ない気持ちになりました。

Wikiより

キナバルとは、マレー語でキナは中国、バルは未亡人の意味。
キナバル山付近には、中国の王子とその未亡人の伝説も残っている。
広東の漁師兄弟が台風で遭難、当地に漂着し、現地妻を娶った後、
兄がホームシックで北上航海に出たが その後音信が途絶え、
現地に残された妻がこの山にのぼってマレーへ帰る船影をさがしたという伝説も伝わる。

実際にはアキ・ナバル(祖先の霊る山)がなまってキナバルになったという説が有力である。



パルはキナバル山に登ったことあるのかな?
実際に登った人の感想を読んでみたんですけど、大変そう^^;;
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード