フランスのペンパルと

フランスのパルが塩味のクレープを作ったそうで、

「わたしは甘いものの方が好き。
去年、料理教室でキッシュを作ったんだけど、キッシュよりも甘いタルトの方が好みだと思った」

と伝えました。
私はチーズとかが苦手で、あまりキッシュは好みではなくて・・・
でも作るのは面白かったです


パルから「私はquiche lorraine(キッシュ・ロレーヌ)も好きだよ」と返信が来たんですが、

ロレーヌってなに?キッシュと、キッシュ・ロレーヌは同じものなの?と疑問に思って調べたら、
キッシュ・ロレーヌはフランスのロレーヌ地方で生まれたチーズ入りのタルトで、
ドイツ語のクーヘン(kuchen)(ドイツ語でケーキ。バームクーヘンのクーヘンですね^^)が語源で、
ロレーヌ語のキューシュ(küechen)、そしてフランス語でキッシュ(quiche)となったそうです。
ということは、キッシュとキッシュ・ロレーヌは同じものなのかな??

なんでフランスのキッシュが、ドイツ語のクーヘンが語源なのかというと
ロレーヌ地方はドイツに近かったそう!
なので、食べ物もドイツの影響を受けてたみたい。
面白いですね^^
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード