トルコの郵便事情は?

トルコに新しいペンパルができました。
手紙のやり取りをしようという話になったんだけど、トルコの郵便事情って大丈夫なのか心配。
(トルコに手紙を送るのは初めてです)
検索してみると、どうやらトルコの郵便局は良くなさそう・・・
とりあえずポストカードを出してみようと思っています。
10年位前の情報なので今は分からないけど、トルコに小包を送ると、受取人が関税を払うそう!(イタリアもですよね。今はどうなのか分からないけど)
もしプレゼントを贈る場合になったら、気を付けないとね。

ちなみにトルコのパルは、ドイツ語の先生です。
「ドイツ語、難しすぎるよー」とメールしたら、
「そうね、英語に比べてドイツ語は難しいけど、日本語はもっともっと難しいわ」とのこと。
トルコでは、英語もだけどドイツ語も人気の言語なんだそうです。




助動詞 should 義務「~するべきである」
You should believe your partner. あなたはパートナーを信じるべきです
You shouldn't see it as a serious problem. あなたはそれを深刻な問題とみるべきではないです

shallの過去形がshould
shouldを過去形にする場合、現在完了形を使います
You should have believed your partner. あなたはパートナーを信じるべきだったのに

shall shouldの原形

Shall I bring your tea? お茶をお持ちしましょうか (申し出)

Shall we go shopping?買い物に行きましょうか(提案)
Let's go shopping に言い換えることもできます
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード