フィンランドの紅茶と助動詞まとめ

今朝も雪が舞っていて寒かった
テレビを見てたら、清水寺とか名古屋城の雪景色の映像が流れていて、きれいでした。

今日、カルディへ行ったら、以前フィンランドのパルからもらった、ムーミンの紅茶が売られていてビックリしました。
いくつ入っていたか覚えてないけど、カルディで800円で売られていて、ちょっと高いなぁ・・・と思いました。
しかもパッケージに「原産国インド、スリランカ」って書いてあって、
これだとフィンランドからの輸入なのか分かんないじゃん(苦笑)
多分、フィンランドからのものだと思うけど・・・(違うのかな?)
あとで「カルディに売られていたよ」とフィンランドのパルにメールしようと思います。

******************************

助動詞 can

可能 ・・・することができる (be able to +動詞の原形)に言い換えることができる
He can pay enough money. 彼は十分なお金を支払うことができる
He is able to pay enough money.

文脈によっては、身体能力的にできるかできないかという意味になり、
Can you~?で使うよりもDo you~?のほうが自然な場合もある

許可 ・・・してよい
Can I make an appointment?予約してもいいですか?

推量 ・・・することがあり得る(ほぼ可能性に近い意味)
The story can be true. その話は真実でありうる

助動詞 may

推測 ・・・かもしれない
She may be wrong. 彼女は間違っているかもしれない

許可 ・・・してもよい
May I send an email to you? あなたにメールを送っていいですか?
(Can I send an email to you?でもOK。mayのほうが丁寧な印象)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード