学校で教えてほしいこと?

ネットで「学校で教えてほしかったものは相続」と書いている人がいて、分かる!と思ってしまいました。
だって本当に分かんなかったんだもの...
ネットで検索したり、図書館で本を借りて何とか終わらせたという感じです。
前、家族が親戚と相続のことでもめているって書いていたペンパルがいたな~。(もう解決したのかな。何となく難しそうな雰囲気でした...)
多分、外国でも相続のことを学校で学ぶ授業なんてないと思う。
今度パルに聞いてみたいです。

私が学校で教えてほしかったことは、臓器移植かな...(重い話題でごめんなさい)
いきなりお医者さんから「臓器移植はどうしますか?」って聞かれて、答えられるわけないもの。
実際に言われたときは、「え?何言っているの?」と何も考えられない状態でした。
もし少しでも知識があれば、状況も違っていたかもなぁ。
臓器移植は賛否両論あるし、学校で教えるのは難しいと思うけれど...



今日の中国語。


キクタンに大一倍(倍の大きさだ)という単語が出てきたんだけど、例文見て訳わかんなくなりました。

增加到两倍
2倍の大きさになった

学习汉语的人增加了一倍
中国語学習者は2倍に増えた

「两倍」(中国語で两は2という意味)と「一倍」、
どちらも日本語訳では「2倍」になっている...

ややこしいなぁ、ほんとに。
スポンサーサイト

ベルギーの切手

オーストリアのペンパルに、8月1日にベルギーの切手が発売されたと伝えました。
ちょうどメールでベルギーのフラワー・カーペットの話題をしていたので、これは良いタイミングだなと思って
(パルはベルギーのフラワー・カーペットに行ったとき、ポストカードを買ってきてくれて、今年のフラワー・カーペットのテーマは「日本の花鳥風月」という話をメールでしました)
ちょうどこの切手には、ブリュッセルのグランプラスとベゴニアの花が
(グランプラスでは2年に一度、ベゴニアの花を並べ、フラワー・カーペットが作られるんだそうです)
パルは「今年は行かないけど、また行く予定だよ」と言っていて、いいな~って思いました。

切手は、ブリュッセルのグランプラス、ダイヤモンド、ベゴニア、トゥルネーのノートルダム大聖堂、ワッフル、ビール、ブリュージュ歴史地区です。
ブリュージュのポストカードももらったことがあって、きれいな景色に感動。
いつか行ってみたいな~。

h280801_sheet.jpg

「まいにち中国語」ですけど、是~的構文が出てきました。
これも苦手なものです。(8月号テキストになると苦手なものがいっぱい出てくるなぁ)

我的汉语是跟NHK广播讲座学的。
私の中国語はNHKラジオ講座で学びました。

这个包儿能退吗?(このかばんを返品できますか?)
退 tui4で「返品する、キャンセルする」という意味なんだそう。
看一下收据。(領収書を拝見いたします)
收据 shou1 ju4 (領収書)
関連記事

ノート&歌の歌詞のこと

昨日アップしたセリアの368ページノートですけど、ちょっと書きづらいのが難点です・・・
特に最初と最後のページあたり。
ネットでほぼ日手帳に似ているとも言われているけど、きっとそちらは書きやすいと思います。
でも高いんですよね~

中国語の進行表現がちょっとややこしいです。
動詞に「在」をつければ「~しています、~しているところです」となるので簡単だな~って思うんですけど、動作の進行と状態の持続を表す「着」との区別が難しいですね。

妈妈正在做饭。お母さんはご飯を作っています
门和窗户都锁呢。ドアと窓は全部鍵がかかっています

中国の子から「"人生"という漢字なのに、なんで"ミチ"と言うの?」って聞かれました。
(多分、歌詞かなんかだと思います。)
たまにこういう漢字と読み方が違うという歌詞があるのは知っているけど、どうして?と聞かれても何て答えていいのか分からないです...
ちなみに中国語でも「人生」は「人生」なんだそう。(辞書で調べてみました。)
人生ren2 sheng1 人生、人として生きること
生まれてから死ぬまでの人生は、「一生」と言うそうです。


CIMG1606_convert_20160828095052.jpg

関連記事

中国語のこと

今勉強している「まいにち中国語」のテキストと、セリアで購入した368ページノートです。
368ノートに中国語を書いています
布娃娃(ぬいぐるみ)のピンインを間違えてしまいました。
bu4 wa2 wa(軽声)
どうも軽声が苦手みたいで、いつも間違えてしまいます...
少しずつ覚えていくしかないですね。
がんばります。


CIMG1605.jpg
関連記事

アメリカのパル&アドレス帳のこと

おひさしぶりです。
暑さのため、手紙書きがあまり進んでいません・・・
少し前、アメリカのペンパルに手紙を送りました。
京都の大文字焼きのポストカードを同封。
大文字焼きって毎年8月16日にあるんですね。
ちょうど手紙を書いていた日が8月16日だったので、このポストカードを選びました

ペンパルの一人が来月あたりに引っ越すと連絡がありました。
今まで100円ショップで買ったアドレス帳で、ペンパルの住所を管理していたけど作り直そうかな?と考え中です。
今持っているのは日本語対応のアドレス帳(?)だから、ア行、カ行、サ行...という感じで、外国人の名前で分類できないのです...
ペンパルの数も増えてきたり、住所変更があったりで、ペンパルの住所を探すのが少し面倒で。
今度は付箋でアドレス管理してみようかな?と思っています。
付箋だと簡単に張り替えることが出来るし。
インスタでよく見かける付箋ノートのような感じにしたいな。
ただこの暑さなので、取り掛かるのはもう少し涼しくなってからになりそうです
関連記事
プロフィール

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKラジオ「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード