フランスのペンパルへ

francea201212.jpg
フランスのペンパルへお手紙

画像の中に、写真があるの分かるかなぁ?
写真撮るの上手くないので、分かりづらいですが・・・
これは、ゆずを収穫している写真(新聞の切り抜き)です。
冬至の日、ゆずをお風呂に入れる、という説明を書きました。

私は時々、新聞の切り抜きを同封してます。
新聞には、時期に合った行事とか食べ物とかが載っているので、手紙で日本のことを説明するのにちょうど良いんですよね☆
こちらのペンパルには、ゆずの他に、必勝あめ(選挙に使う飴、ちょうど衆議院選挙があった時です)、長野の霜月祭りの新聞の切抜きを同封しました。


今年も今日で最後ですね。
こんな私のブログに来てくださり、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

2012年は、いっぱい本を読んだ年だったなぁ。
100冊以上(マンガも入ってますが)本を読みました。
2012年より前は、全然本を読まない人だったので、これって私にとってはスゴイことです。
やっぱり、読書メーターに登録したことと、「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」にハマったことが大きいかなあ。
ちなみに、今はヴィクロテの「恋のドレスと聖夜の迷宮」を読んでいます。
こちらの本が2012年最後の日&2013年最初の日に読む本です♪

天気予報によると寒くなるみたいですね(特に北海道、日本海側)
どうぞお体にお気をつけてお過ごしください。

よいお年をお迎えください

関連記事
スポンサーサイト

トルコのお菓子

チェコのペンパルから、「バクラバ」というスイーツについて教えてもらいました。
ネットで調べてみると、トルコだとかアラブ諸国で人気のスイーツみたいです。
チェコのペンパルの会社に、エジプト出身の女性が働いていて、その人にアラブ料理をご馳走になったとのこと。
私はアラブ料理のことを全然しらないけど、ペンパルいわく「とてもヘルシーでおいしい」そうです。

チェコのペンパルは、エジプト出身の同僚からアラブ諸国のことを聞いたり、本で読んでアラブ諸国の文化とかを学んだりしているとのことです。
それで、バクラバというスイーツのレシピを見つけて「いつか作ってみたいわ」と書いてありました。

バクラバのレシピ、クックパッドで見つけました。
Cpicon 秘伝のBaklava(バクラバ) by ananya

ネットで色々検索してみたら、バクラバって油と砂糖の量がとても多いみたい。
甘そうなケーキですね。
どんな味なんだろう?
関連記事

スペイン

マンガ「きょうのキラ君」(みきもと凜さん)の3巻を読みました。
あぁもう、切ない・・・。
最近お気に入りのマンガです☆

ところで、Happy New Yearという挨拶は、年末にも使えるということを、昨日のKISO3で知りました。
新年の挨拶のほかに、「新しい年が良い年でありますように」という意味の年末の挨拶にも使えるそう。
新年の挨拶だと思ってました・・・。
日本ではそうですよね。

Happy New Yearのほかに、(I WISH YOU) A HAPPY NEW YEARも。
日本語で言うと「よいお年を」という意味かな。
ちょうどイギリスのペンパルにメールを書いたので、早速こちらのフレーズを使って書いてみました。

spainn201212.jpg
スペインのペンパルへお手紙と年賀状です。
切手はピカチュウ。
パルはポケモン知っているのかなぁ?
私はポケモンのアニメは見たことはないので、どんな内容なのか分からないです。
関連記事

デンマークへ贈り物

寒いですね。

デンマークのペンパルへ送ったもの。
denmarks201212.jpg

チョコレート、しめ縄、お年玉袋、和風シール

パルは招き猫が好きなので、しめ縄、お年玉袋、シールは招き猫が入っているものを選びました。
お年玉袋とシールは、Made in Japanです。
今月、パルからプレゼントをもらったんだけど、Made in Denmarkとなっていたので、私もmade in Japanグッズを選んでみました。
チョコレートは、私のお気に入りのもの。
口に合うと嬉しいな~。
無事にパルの元へ届きますように。
関連記事

京都にて切手

先月、京都へ行った時に買った切手。

kyotohanayome_convert_20121227184630.jpg

こちらの花嫁切手は、他の人のブログで見たことがあり、素敵な切手だなーとずっと思っていました。
そうしたら、京都の郵便局で売っているのを発見して、買いました。
この切手、「今売れています」という案内がありましたよ。

kyotodisney_convert_20121227184607.jpg
これは、ディズニー切手。
これも京都で買いました。
(だけど、京都へ行く前日に、近所で同じ切手買ったんですけどね。
もっとディズニー切手が欲しいと思って、思わず買ってしまいました)
関連記事

カナダ&オランダのペンパル

今日、カナダのペンパル宛ての手紙を送ったんですが、「12月26日のBoxing Dayはお祝いするの?」という質問をしたんです。
でもボクシング・デーってどういう日なのか分からないと思っていたら、ちょうど外務省のツイッターに説明が書いてありました。

「クリスマスプレゼント(の箱=box)を開ける日」が由来で、むかし執事などがプレゼントを手に家に帰り家族とクリスマスを祝う日として休日に。

Wikiによると、カナダでもBoxing Dayはあるみたいですが、ペンパルはどうなんだろうなぁ。
私のパルは、クリスマスは宗教的な何かをしたりしなくて、家族や友達とプレゼント交換をしたり、おいしいものを食べたりして、クリスマスを過ごすそうです。
あと、今年、ペンパルはクリスマスシーズンに、ニューヨークへ行く予定だと手紙に書いてありました。
ニューヨークのクリスマスってイルミネーションとかすごくきれいだろうなぁ。
でも寒そう・・・

holland201212.jpg
オランダのペンパルへ手紙、クリスマスのシール、年賀状。
切手は、テディベアと冬のグリーティング(猫)です。
関連記事

アメリカ

基礎英語3を聞いていたら、「ソフトドリンクというのは、アメリカではコーラとか炭酸飲料のこと」と説明していて驚きました。
日本でソフトドリンクというと、炭酸だけじゃなくジュースも含まれるけど(Wikiによると、日本のソフトドリンクは「アルコールを含まない飲料すべて」だそうです)、アメリカではソフトドリンク(炭酸)、ジュース、お茶で分類されるんだって。
知らなかったー。
今、ちょうどカナダのペンパルに手紙を書いているので、カナダではどうなのか聞いてみる予定です☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

ベルギーの郵便局

フィギュアスケートを見てたけど、演技が出来なかった選手かわいそうだったなぁ。

ところで、海外あての小包についてネットで調べていたんですが、ベルギーに送るときは「CD」とか「DVD」と税関の紙に書かないほうがいいそうです。
このことについて知らなかった私は、「何で?」とびっくりしてしまったんですけど、高額な税金がかかってしまうそうです・・・。
私はベルギーにペンパルはいないし、CDも送らないので、この情報が本当なのか分からないんですが。
でも、もし本当にCDを送る場合、どうしたら良いんだろうね?

2キロ以上になると、手数料がかかってしまうそうです(10ユーロくらい)
あと、うまく相手に受け取れずに返送されてしまうこととかもあるみたい。
ベルギーの郵便局、ひどい(苦笑)
でも、差出人が郵便料金を支払っているのに、受け取る相手も税金を取られるというのは何か納得いかないなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

11月の読書

昨日、「知っとこ」でベルギーが紹介されたんですが、ワッフルがとてもおいしそうでした。
新婚さんの朝食でも、ベルギーワッフルが!(朝からワッフルとグラタンって重たくない?と思ったけど、どうなのかなー?)
私は一応、ワッフルメーカーを持っているんだけど、家でワッフルを作ったのはまだ数回・・・。
洗い物とかいろいろと面倒なんですよね。

11月の読書メーターのまとめです。

2012年11月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1394ページ


エアヘッド!  売れっ子モデルになっちゃった! ?エアヘッド! 売れっ子モデルになっちゃった! ?感想
3部作の1作目。初めのほうはとっつきにくくて読むのに時間がかかったけど、途中から面白くなってハマりました。最初、ニッキーとエムが入れ替わっちゃうお話なのかな?と思ったけど、違っていてビックリ。もし現実にあったら、怖いと思う・・・。ルルは良い子だなー。エムの良き相談相手で、これからエムのことを色々と支えてくれそう。クリストファーがエムだと気付いてくれなくて、もどかしくて切なかったです。メグキャボットだからハッピーエンドを期待しているけど、どうかなー?ハッピーエンドであってほしいです!早く続きが読みたいなぁ
読了日:11月30日 著者:メグ・キャボット
ぐりとぐらのおおそうじ (日本傑作絵本シリーズ)ぐりとぐらのおおそうじ (日本傑作絵本シリーズ)感想
ぐりとぐらの掃除をしているところがかわいくて、楽しそうだなぁ。朝食とクッキーの絵がとってもおいしそうでした。
読了日:11月30日 著者:中川 李枝子
佐和山物語  あやかし屋敷で婚礼を (角川ビーンズ文庫)佐和山物語 あやかし屋敷で婚礼を (角川ビーンズ文庫)感想
面白かったです。時代背景についても興味深かったです。最初、直継の冷たい態度が好きになれなかったけど、後半は良かったです。あこを呼ぶシーンとかキュンときました。直政と直継が背負っているものは、本当に大きいですね。切ない・・・。あこが直継を支えてあげて欲しいな、と思いました。まだ物語は始まったばかりなので、続きが楽しみです♪
読了日:11月27日 著者:九月 文
シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と赤の王国 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と赤の王国 (角川ビーンズ文庫)感想
アンとシャルの恋心が切なかった。近くにいるのに距離ができてしまうなんて・・・。人間と妖精が恋をすることって難しいのかな。ラファルが登場するシーンはページをめくるのが怖かった!ラファルは残虐なことをしたけど、過去の辛いことを思うと切なかったです。新聖祭の砂糖菓子、見たい!すっごくきれいなんだろうなぁ。ブリジットは少しずつ前に進めるようになって良かったなぁ。アンがブリジットに言った言葉は、私も勇気付けられました。キャシーのジョナスへの過保護ぶりが笑えました。アンはこれからどうするんだろう?
読了日:11月18日 著者:三川 みり
ぐりとぐらのかいすいよく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)ぐりとぐらのかいすいよく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)感想
瓶の中に何が入っているんだろうってところでワクワクしました。英語版で読んだのですが、Sea Giantは日本語訳では「うみぼうず」のことだと知ってびっくりしました。うみぼうずって怖いイメージがあったのに、ぐりとぐらに出てくるうみぼうずは全然怖くないから。ぐりとぐら、うみぼうず、みんな親切で読み終わったあと、ほんわかな気持ちになりました。
読了日:11月17日 著者:なかがわ りえこ
ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂感想
ジョン万次郎という名前は知っていたけど、こんなに勇気があって好奇心旺盛で、努力家な人だとは知りませんでした。鎖国していた日本から未知のアメリカへ行くことを決めた万次郎はすごいと思う。差別を受けたり嫌なことがあっても挫けない万次郎に、読んでいる私自身も勇気をもらえた気がします。ホイットフィールド船長、いいひとですね。万次郎と船長の子孫が友情を受け継いでいるというエピソードに心を打たれました。
読了日:11月13日 著者:マーギー・プロイス
英国メイド マーガレットの回想英国メイド マーガレットの回想感想
メイドという仕事がこんなに過酷だとは知りませんでした。上流階級の人たちとは全然違う世界。当時のメイドたちは、とても辛かったんだろうな~と思いました。妊娠して解雇された女の子、どうなったんだろう?厳しい状況になったんだろうな、と思うととてもかわいそうです・・・。実は愚痴が多くて、途中で本を読むのをやめようかと思ってしまいました。でも、今まで知らない世界を知ることができたので、読んで良かったと思います。
読了日:11月3日 著者:マーガレット・パウエル

読書メーター


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

オランダの大晦日

オランダのペンパルに聞いてみたら、大晦日にドーナッツを食べるそうです!
oliebollenという名前で、日本でよく見かける丸い穴のあいたドーナツではなく、揚げたお菓子(?)という感じかな。
どんな味なんだろう。

確かポーランドでもドーナツを食べる日があったんだけど、なんていうお祭りだったかな~。

ところで、カナダのペンパルに「日本では、クリスマスにケンタッキーを買う人が多いよ」
と書いたら(ちなみに私はクリスマスにKFCに行ったことはないけど、お客さんが殺到すると聞きました)、ペンパルから
「何でクリスマスにKFCなの?」と質問されてしまいました
カナダでファーストフードを食べる人は多いと聞いたことあるし、外国ではクリスマスにKFCは食べないのかな?と思って調べてみたところ、クリスマスにKFCを利用するのは日本の習慣みたいですね・・・。
(お菓子メーカーがバレンタインチョコを広めたみたいな感じ?)
そうそう、私は去年の12月26日(27日だったかな?)のお昼過ぎにKFCへ行ったんですが、クリスマスが終わったあとなのかお客さんが二人しかいなかったです・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

From Spain

スペインのペンパルから大晦日のことを教えてもらいました。

スペインでは、大晦日は家族や友達と夕食を取ります。
そして、年越しのときに12回鐘が鳴るので、それにあわせて12粒のブドウを食べるそうです。
そのあと夜明けまでパーティをします。
でも、パルははパーティは好きではないので、鐘の音が12回鳴り終わったら、寝てしまうそうです。

ブドウを食べるなんて、初めて知りました。
調べてみたら、大晦日用の12粒入ったブドウの缶詰が売られているんだって。
鐘の音は結構早いそうなので、鐘の音に合わせてブドウを食べるのは、なかなか難しいみたい。

あとオランダでは大晦日はドーナッツを食べるそうです。
これも知らなかったので、オランダのペンパルに聞いてみようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

フィンランドのペンパル&イギリスへ

寒い~。
昨日は雪が積もりましたよ・・・。
私は暑いのも苦手だけど、寒いのも苦手です。
水つめたいんだもん。

何年間か音信不通になったフィンランドのペンパルから、メールが届きました。
ずっと手紙&メールの返事が来なくて、きっともう無理だろうな~って諦めていたんです。
音信不通になったとき、パルは辛いことがあったので、多分落ち込んで手紙どころではないし仕方ないなって思ってたんですが、また連絡が取れるようになったのは、とてもうれしいです。

eng1211.jpg
イギリス在住のペンパルへお手紙
切手はディズニー切手、スイカの便せんはマレーシアのペンパルからもらった韓国製の便せんです。
スイカは時期はずれだけど、ちょうどイギリスのペンパルからスイカの話題があったから、スイカの便せんにしてみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

今月発売の雑誌「MOE」がムーミン特集なので、図書館で読んできました。
(2店舗本屋を見てきたんですけど、どちらの本屋にも置いてなかった・・・)
ムーミンはかわいいし、フィンランドの素敵な写真も載っていたし、フィンランドへ行きたくなっちゃいました。

MOEの中で本を紹介するページがあるのですが、その中の1冊が先月読んだ「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」という本でした。

ジョン万次郎という名前は知っていたけど、こんなに勇気があって好奇心旺盛で、努力家な人だとは知りませんでした。
鎖国していた日本から未知のアメリカへ行くことを決めた万次郎はすごいと思う。
差別を受けたり嫌なことがあっても挫けない万次郎に、読んでいる私自身も勇気をもらえた気がします。
ホイットフィールド船長、いいひとですね。
万次郎と船長の子孫が友情を受け継いでいるというエピソードに心を打たれました。
(以前書いた、読書メーターの感想より)

万次郎すごいな~て思ったのは、どんどん英語が上達していくところです。
母国語の日本語の読み書きより、英語のほうを先に覚えたとか。
相手の話していることや外国のことを知りたいという好奇心を持っていたから、万次郎は英語が上達したんだろうなあ。

そうそうMOEで本を紹介していた人も書いていましたが、私も自分の船が漂流した時点で諦めちゃうだろうな・・・。
万次郎は大変なことがいっぱいあったのに、諦めなかったのはスゴイな~って思います。

moomin4_convert_20120828105502.jpg
フィンランドのペンパルより。
ムーミンはかわいいですね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

オーストリア&フランス語

フランス語ブームが去っていたんですが、最近、またフランス語を始めました。
毎週水曜日はEテレの「山ガール」を見て、「山ガール」が終わると次にフランス語講座があるので、そのままの流れでなんとなく見ているという感じかな。
何気なく見ている程度なんだけれど、勉強したことがある内容なので「あ、これ勉強したことある!」っていうフランス語に出合うと嬉しくなっちゃうんですよね。

逆にフィンランド語ブームが一気に下降中・・・。
文法書だけをやるのって、ハマっている時はすごく面白いと感じるけど、やる気がなくなると面白くないって思っちゃう。
いつかNHKで「まいにちフィンランド語講座」が始まれば嬉しいんだけどな~。

aus128.jpg
オーストリアのEちゃんへ送った源氏物語のポストカードです。
「源氏物語」は英語訳もあるそうなので、「興味があったら読んでみてね。」と書きました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

フランスのペンパルから

Bonsoir☆

今日はとても寒いですね。

フランスのペンパルからのお手紙に、フランス語の文章が書いてあったのですが

Tu manges des pâtes. (あなたはパスタを食べます)

確かこのdesは複数形。
フランス語だと、パスタは複数形になるんですね。
じゃあ、単数形だと何になるんだろう?と思って調べたら、 pâte(パテ)は生地という意味になるんだそうです。
単数だと生地、複数だとパスタになるなんて、おもしろいな~。

ちなみに、pâtes(複数形)は「パット」と読むそうです。
フランス語の発音って難しい・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

宝石箱のひみつの鍵

「宝石箱のひみつの鍵」(青木祐子)

ロンドン郊外でつつましく暮らすクリスとシャーロック。
そんな時、ベルナール卿から、妻にぢレスを贈りたいという依頼が舞い込み、シャーロックの心は波立つ。
(裏表紙より抜粋)

「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」シリーズ28冊目、最終巻です。
読書メーターに感想を書いたのですが、そちらではあまりネタバレを書けないので、ブログにて感想を語りたいと思います。
ネタバレありで語っていますので、ご注意。

「一年目の宝石箱」

いやぁ、もう最高のお話でした。
シャーリー、面白い。
全英みつあみほどき選手権って(笑)
そんなことを考えているシャーリーがすごく面白かったです。

シャーリーは本当にクリスのことが大好きなんだなぁ。
相変わらず、クリスの男性客(ベルナール卿)に嫉妬していますし(笑)
でも、まさかシャーリーが原因だったとは・・・。
クリスからすると複雑ですよね、これは。

「原因は?謝るなら早いほうが」(アントニー)

アントニーのこのセリフ、タイミング良すぎて面白かったです。
あ、でもシャーリーにはタイミング悪すぎるかな。
ただでさえクリスのことでヘコんでいるシャーリーに、アントニーが追い討ちをかけるように言ったセリフだものね。

クリスのことが大好きなくせに、結婚記念日のことをすっかり忘れているシャーリー(笑)
これから計画を立てるみたいだけど、どんな計画を立てるのかなぁ。
ヴィクロテはこれで完結みたいだけど、結婚記念日のお話、読みたいな。
あと、イアン先生にそっくりな赤ちゃんも見てみたいし。
リルちゃんとエド、アントニーのことも気になるし、これが最終巻というのはとても寂しいです。
関連記事
プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード