フランスから手紙

フランスのAから手紙が届きました。

2月2日はフランスでは、シャンドルールというキリスト教徒の祝日で、クレープを食べる日だそうです。初めて聞いた!!しかもクレープって、フランスの食べ物なんですね。

フランスのバレンタインは、カップルの為の日だそうです。日本では、自分チョコとか色々出てきましたよね、最近・・・。

カーニバルについて教えてくれました。カーニバルの時は、特別なスイーツを食べるそうで、例えば、オレイレット(揚げパン)、ドーナッツ、チュロス、ワッフルを食べるそう。Aは、オレイレットやチュロスを作ったことがあるみたい。すごいな~。オレイレットって初めて聞いたスイーツだなぁ。どういうものなんだろう~。

フォアグラはフランスでも高価な食べ物で、Aは特別なイベントの時に食べるそうです。あと、パリの日本の食べ物が売っているお店でカレールーが売っているので、Aはカレーを作ったことがあるそうです。

私がハワイに以前行った事があると手紙に書いたら、
「たくさんの日本人のアイドルって、ハワイに行くよね?ハワイはとてもきれいな場所だと思うけど、何で日本人ってハワイが好きなの?」
と聞かれました。確かに何でだろう??特に芸能人はお正月をハワイで過ごす人が多いし・・・。お正月のワイドショーはいつもマスコミが空港で芸能人にインタビューしている映像が流れるけど、何でなんでしょうね?


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします☆☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

日本文化紹介

日本文化を英語で紹介する事典日本文化を英語で紹介する事典
(2004/07)
杉浦 洋一、ジョン・K ギレスピー 他

商品詳細を見る


今、この本を図書館で借りていて、自分が使いたいなぁと思う表現をせっせとノートに書き写してます。ペンパルに日本のことを教えるのに使えそうな表現がいっぱい紹介されてます。今のところ、日本の学校制度や行事などをノートに書き写したけど、いっぱい使えそうな表現があって書き写すのが大変・・・。でも頑張ります。

ペンパルによく地震について聞かれるけど(ヨーロッパのペンパルは地震を知らないと言われるんです。知らないのは羨ましい)、地震について紹介されているのでこれも書き留めました。「地震、雷、火事、おやじ」の表現もちゃんと英語に訳されているけど、これって日本だけの表現かな。

わび・さび、義理、人情、和などの表現も紹介されていて、日本語ですら知らないので日本語訳を読んだだけで勉強になります。


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします☆☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村
関連記事

今読んでいる本

そうだったのか! 現代史 (集英社文庫)そうだったのか! 現代史 (集英社文庫)
(2007/03/20)
池上 彰

商品詳細を見る


今、図書館でこの本を借りて読んでます。

今のところ、私が読んだのは「湾岸戦争」「冷戦」「スターリン」「ベルリンの壁」「台湾」「朝鮮戦争」についてですが、全部ニュースなどで聞いたことのある言葉で、何となく知っているような気はしてたけど、この本を読んでみると「なるほどねー、そういうことだったんだー」と思うことばかりです。

現代史(歴史も含めて)の本って難しい言葉がいっぱい出てきて読みにくいですけど、この本は分かりやすく書かれているので、私にも理解できます。

以前読んだ「私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった」にスターリンの粛清という言葉が出てきて分からなかったんですけど、この本で紹介されていて、スターリンの残酷さについて分かりました。

他にも「ポル・ポト」や「旧ユーゴ紛争」などについて書かれているんですけど(まだ読んでないです)、ほとんど全くといっていいほど知らないので、勉強したいと思います。
関連記事

映画

「僕と妻の1778の物語」を見てきました。
ドラマの「僕」シリーズ好きで、この映画も絶対見たいなーと思ってて。
とても感動しました。
こういう夫婦いいなーって憧れたな。
あと、サントラとキレイな景色(特に北海道の大自然の景色)は素敵でした。


関連記事

フィンランドへ手紙

近所のショッピングセンターに300円ショップがあるんですが、ふらふらと立ち寄ったら何種類か新しいレターパッドやレターセットが売られていて、あやうく買いそうに・・・。危ない、危ない。今持っている大量のレターセットを使い終えてから、新しいのは買うと決めているから。でも、お店で見ちゃうとどうしても欲しくなるんだよな~。

フィンランドM20110203a

フィンランドのMへお返事です。

オーロラについて質問しました。
確か「イッテQ」だったかな?で、オーロラのことが放送されていたのを見たんですけど、オーロラを見るのって本当にすごーく大変そうだったんです。めちゃくちゃ寒い中、ずっと外でオーロラを待ち続けていて。しかもオーロラが本当に出るかどうかという保証もないから、相当大変そうだなと思って。でも、その分、オーロラが見られたら最高なんだろうな。

他には、マレーシアのペンパルと会ったこと、先月の愛知県の大雪のこと、最近読んだ本についてなど書きました。

リスのメモパッドを同封しました。見づらいですけど、切手は昔発売された、「ふみの日」の切手です。以前京都(清水寺だったかな~?)で臨時の郵便局があってそこで売られていて買いました。


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします☆☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村
関連記事

フィンランドから手紙

私はFacebookをやっているペンパルとは、手紙が届いたとかの確認はFacebookでやっているんです。さっき、ペンパルに「手紙が届いたよ」とFacebookに書き込みしようとしたら、出来なくなっている・・・。何かおかしくなっているんです。私が今まで書き込みしたものも、アップデートした写真も全部消えているんです。どうなったんだろう?英語版を使っているから、ワケ分かんないです。Facebookって、すぐにアップデート(?)されるから、そのたびに困る・・・。新しい機能とかいらないのに。新しい機能がついても、英語だから理解出来ないよ・・・。

愚痴はさておき、フィンランドのMからの手紙を紹介します。

フィンランドM20110203b

フィンランドも去年の夏は猛暑だったそうです。フィンランドが暑いって考えられないなぁ。
今は、マイナス14度とのこと。寒そう・・・。

「フィンランドの首都・ヘルシンキは最近ビルが建って自然がなくなってきて、動物や鳥にとってはとても悲しいことだわ。でも私が住んでいる町は、まだ自然がたくさん残っていて、自分の町が好きです」とのこと。

ヘルシンキも緑がいっぱいありそうなイメージなんだけどな~。同じ首都でも東京とかに比べたら、自然はいっぱいありそうですね。

Mは、何年も前に地元でオーロラを見たことがあるそう。いいな~。

「でもラップランドのオーロラが1番キレイだと思うわ」
とのこと。オーロラ、1度見てみたいです。

Mは最近、トワイライトの小説を読んだり、映画を見たそう。トワイライト、ペンパルの間で人気だけど、私は映画も小説も挫折してしまったんです・・・。あまり好きじゃなかったな~。もう一度チャレンジしてみようかな。

「The Vampire Diaries 」という海外ドラマにもハマっているそうです。このドラマは聞いたことないや。日本でも見れるのかな?


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします☆☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村
関連記事

本「日本人はとても素敵だった」

日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)
(2003/12)
楊 素秋

商品詳細を見る


この本を図書館で借りました。
台湾人の女性が書いた作品で、日本占領時代の台湾のことが書かれています。

台湾に住んでいた日本人の兵隊さん、日本人の先生、作者の周りの日本人が全員良い人たちばかりなのです。私は学校とかテレビなどで「日本兵は占領時代の朝鮮や中国にひどいことをしてきた」と教えられてきたので、この本を読んだ時、最初信じられませんでした。

読み進めるうちに、何て日本人は素敵な人たちだったんだろう、と誇りに思えてきました。日本人で良かった、と本当に幸せな気持ちになりました。

この本にはコラムとして、大東亜戦争(太平洋戦争)などについても書かれているんですが、どうして日本は戦争を始めなくてはいけなかったとか本当の理由が書かれています。私は何で日本はこんな戦争をしたんだろう?って今までずっと思ってたので・・・。ちゃんと学校で戦争について教えてくれなかったのも原因のひとつかな。現代史を詳しく習った記憶がなくて(私の記憶がないだけかしら?)

すごく良い本なのでオススメしたいです。


私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった
(2010/08/06)
サラ・ウォリス、スヴェトラーナ・パーマー 他

商品詳細を見る


そうそう、前回ブログに書いた「私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった」を少しだけ読み返しました。
アメリカ人の女の子と文通しているイギリス人の男の子との手紙が本に載っていたんですが、日本が降伏したあとの手紙が何だかちょっとヒドイなぁ、と思いました。イギリス、アメリカにとって日本は敵だったから、仕方ないけどね。

あと、「フィッシュ&チップス」という言葉が出てきたんですけど、戦争中からあったんだ~と思いました。私にとってフィッシュ&チップスは、オーストラリアに留学中によく食べてたものだったのでちょっと親近感が沸きました。好き嫌いが多い私にとって、メニューが英語で分からなかったからいつもフィッシュ&チップスをレストランで頼んでたんです。

それから、この本の中で原爆が落とされた後の日記は、あまり触れてなかったのが残念だったな。アメリカ人の子とかが原爆について触れてはいたけれども。その当時は原爆の恐ろしさが分からなかったのかもなぁ。
原爆はあまりアメリカやヨーロッパでは名前は知っているけど、あまり深く知らないのかも知れないですね・・・。オーストリアのペンパルで以前、「原爆は、オーストリアにも落とされたよ」と手紙に書いてあったことがあったな。

この本で分からないことがありました。ロシア(ソ連)の「スターリンの粛清」って何だろう?文脈を読む限り、とてつもなく触れてはいけないような、ヒドイ事件だったとは思う・・・。

もっと現代史についての本を読みたいなぁと思いました。


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします☆☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード