謎は深まるばかり(´・ω・`)

中国語でエレクトーンは、双排键电子琴 shuāng pái jiàn diàn zǐ qín だと教えてもらいました。
YAMAHAは中国では、雅马哈乐器音响 yǎ mǎ hǎ/hā lè qì yīn xiǎng というらしい。
中国でも、ヤマハなんですね。
中国にも音楽教室はあるけど、エレクトーンはあまり見かけなくて、ピアノが主流とのこと。
でも一応、中国のヤマハのWebサイトに、エレクトーンがあるので、中国にもあるのでは?とのことでした。
私、子供のころ、エレクトーン習っていたんですよね~。
ペンパルにエレクトーンの話をしても、あまり通じない(というかエレクトーン知らないのかも^^;;)

中国語「飲む」の謎の続きです。

日本語でも、以前は「人」が使われていたようです。(旧字体といいます)
kyujitai.png
上段の「喝」と「渇く」(ヒ)は、今使われている日本語で、
下段の「人」は、以前使われていた日本語の漢字だったようです。

ヤフー知恵袋に
「旧字体など特殊な文字の場合は、フォントに収録されていないと表示できません。」と書いてあったから
日本語の旧字体フォントをインストールしていないと、
中国語でも「ヒ」で表示されちゃうのかも?と思いました。
でも、中国語で入力してるんだから、ちゃんと表示されて欲しいんだけどなぁ~。

「海」も同じ現象が起きたよ~(´・ω・`)
umi.png
(上段は今の日本語の漢字、下は以前の漢字)

中国語入力で、「海」を入力してみたら
になった・・・
中国語では、「」が正しいのに!
ややこしいわ~(´・Д・)」
スポンサーサイト

「やむちゃ」は広東語

「喝」(飲む)の謎ですが、分かりました!
こちらのHPからお借りしました)

nomu.png
ピンクのほうが、中国語(簡体字)、
クリーム色の方が、日本語。
なので、中国語では「人」になるということが分かりました。

飲茶(やむちゃ)についてなんだけど、
中国語も日本語と同じで「いん」と発音するよね?
(中国語読みだと饮(yin3)と書くけど)
なんで「飲茶(やむちゃ)」と読むのかな?と調べてみたら
「やむちゃ」というのは広東語の発音らしいです。

饮茶 yin3 cha2 (動詞)(香港や広東で)お茶を飲みながら、各種の「点心」を食べる

中国(北京語)では、飲茶は「いんちゃ」と発音するけど
日本には北京語の「いん」という音が入ってきて(飲料、飲食など)
飲茶(やむちゃ)は、広東語の発音が日本に入ってきたんだね~。
なんで、やむちゃという単語が日本に浸透したのか気になるな~。
Wikiとかに載っているかしら?

「飲む」の謎・・・

中国語で「飲む」という意味の「喝 he1」、
PCでは「ヒ」に見えるけど、紙の辞書やテキストでは「人」に見えるので
なんでだろう?と思って調べたけど、結局分かりませんでした。
フォントの関係なのかな~?

「喝」について調べたら、面白い記事を見つけました♪(☆)

中国には「方言」がたくさんあり、上海語や広東語、北京語ではまったく別の言語といってもいいくらいの差があります。
 「お茶を飲む」という言い方を見てみると、“喝茶”“吃茶”“饮茶”という、大きく分けて3つの言い方が存在します。
地域的には北京、上海、広東ということになります。
このうち、“吃茶”は日本の漢字に直せば「喫茶」であり、日本人にもなじみ深いものです。
“饮茶”もいわゆる「飲茶(やむちゃ)」として日本でもよく見受けられます。



私が学習している中国語は「普通話(普通語?)」なので、北京方言寄りなのかな?
なので、「飲む」の中国語は「喝茶」しか知らなかったです。
「吃茶」という中国語は知らなかったけど(上海語だから?)、日本語の「喫茶」だったら分かりやすいですね^^
飲茶(やむちゃ)は広東語なのかな?飲茶が方言だとは知らなかった~。

一方、“喝茶”はどうでしょうか。
“喝”は日本では、「喝采(かっさい)」「恐喝」という熟語があるように「大声を出す」という意味でしか使われません。
日本の漢字はだいたい古い中国語の意味と音を伝えていますから、
古い時代には“喝”には「飲む」という意味はなかったのでしょう。
つまり、“喝茶”は中国語においては割と新しい言い方なのです。

時代的には“饮茶”“吃茶”“喝茶”の順に現れてきます。
このことからも、古い中国語は南に残されており、
北の中国語は新しい中国語だといわれています。



北の中国語は新しい中国語だと言われているということは、北京語は新しい言葉ということだよね?
知らなかった!!
上海語を聞いたことあるけど、普通話(北京語)とまったく違うから、ぜんぜん分からなかった^^;;
広東語はよく知らないけど、これも北京語とは全然違うんだろうね~。

中国語の「喝」についてだけど、「飲む」という意味しか知りませんでした。
でも4声で発音すると「叫ぶ」「どなる」という意味になって、
日本にはこちらの意味だけ入ってきたんだね。面白いな~^^

これ、中国語を勉強しているペンパルにも伝えてみようっと♪
時々、パルから中国語と日本語の漢字の違いについて聞かれるので。
きっとパルも興味を持ってくれると思う^^

馬の上?

テキストに「马上 ma3 shang4 すぐ、ただちに」という単語が出てきました。
「马 ma3」は「馬」という意味だから
「马上」だと、時代劇とかで馬に乗ってすぐに駆け付けるというイメージ。
そこから「すぐ」という意味になったのかなー?
(あくまでも私の想像だけど^^;;)

电车马上就发车。 電車はすぐに発車します
我马上给您换新的。すぐに新しいものに交換します
请您马上确认一下。 すぐにご確認ください

我马上给您换新的。すぐに新しいものに交換します
↑特にこの文章、「馬に乗って・・・」と想像できそう(*^_^*)

马 Ma3 は「マレーシア」という意味もあるみたいです。
马来西亚 マレーシア
ほかにも、「马」がつく地名あるよ~。
马达加斯加 マダガスカル
马尔代夫 モルジブ
马耳他 マルタ
どれも読めない(苦笑)
だけどなんでマレーシアだけ「马」なのかしら?
中国とマレーシアは近い関係だからとか?
そういえばマレーシアでも、一部の人は中国語話すとか言っていたような・・・
私のマレーシアのパルは、みんなムスリムでマレー語(と英語)みたいだけど

勘違い

「飲む」という中国語の書き順見たら、微妙に違っていた・・・
この漢字はよく書く単語だけど
毎回間違えていたってことかぁ・・・

he.png
プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード