ロシア宛ての郵便日数は…

カールは三重県で売るの?という話になったんだけど
三重県では売らないらしいです。
三重は東海三県(愛知、岐阜、三重)と言われているけど
言葉は関西弁だし、結局どっちなのか分からなくて。
今日みたネットニュースに
「三重県は、中部地方にも近畿地方にも属していると考えています」
と書いてあってたんだけど、結局どちらなのか分からないという答えでした^^;;
ていうか今、カール全然売ってないよ~?
どこにあるの??買占めされているのかしら??

日本郵便のサイトでは
ロシア宛ての郵便日数は9日
となっていて、びっくりしちゃったよ~。
2か月はかかるよね??
本当にロシアまで9日で届いているんだけど、
そこからが長いということかな~?
国土が広いとはいえ、なんで2か月もかかるんだろう?
不思議・・・(゚д゚)
スポンサーサイト

ポスクロの愚痴。。。

少し前からポスクロを再開してみました。
(前、無言レジスタされて嫌になったからやめたけど、
他の人のツイッターとかブログを見てたら、またやりたくなって。)

でもまた微妙な人にあたったよ~。
この人、ポスクロの自己紹介のところにコメントが一切なかった...
こういう人ってポストカードが届いたときにメッセージを送ってくれるか分かんないし、複雑。
しかもロシア宛てだから郵便日数かかるし(> <)
こういう人ってどういう目的でポスクロやっているんだろう?
メッセージうれしくないのかな??

000010156.gif
最近、スペインとフランスのあいだに、アンドラという国があることを知りました。
ぜんぜん知らなかったよ~。
カタルニア語が公用語で、通貨はユーロ、日本人は13人住んでいるらしいです(外務省HPより)

postcrossingでの残念なこと

ポスクロで残念なことがありました・・・
ある国の女性にハガキを送ったんですが、メッセージをいっぱい書いて送りました。
オフィシャルサイトからポスクロが届いたという連絡はあったんですが、
彼女からのメッセージは一言もありませんでした。
なんだかな~、こっちはしっかりメッセージを書いただけに、寂しい・・・

何年かぶりに再開したポスクロですけど、また一旦お休みしようかなと思っています。
彼女がきっかけではないけど、
私は1回だけのポストカードのやり取りより、長く続けられる文通の方が好き。
(ポスクロにも良いところはあるけどね)
あと最近新しいペンパルが何人かできたので、手紙書きに集中したいというのもあるかな。

ポスクロを再開しました

こんにちは。
明日から、こちらでも積雪の可能性があるらしいです
特に雪の多い地域のかた、どうぞ気を付けてくださいね。

実は去年の年末からポスクロを再開しました。
(最後に送ったのが2010年12月でした)

3枚ひいて、一人目はロシアの女の子。
日本や中国に興味があって、なんと中国語を勉強しているそうです。
ポスクロを再開して最初にひいた子が、中国語を勉強しているってなんか運命(?)を感じました。
もちろん、「わたしも中国語を勉強しているよ」と中国語で書いて送りましたよ~。
でもハガキ届かないんですけど
ロシアは日数かかると思うし、早く無事に届いてほしいです。

二人目は、チェコの女性(教師をやっているそう)
はがきに「チェコではクリスマスに鯉を食べるんでしょう?」と聞いたら、
「クリスマスイブに鯉とシュニッツェルを食べます」って教えてくれた。
シュニッツェルは肉料理で、ドイツやオーストリア料理みたいです。
チェコでも食べるんだね。
なんとなくチェコってクリスチャンが多いのかな?と思っていたけど、
チェコは過去に宗教でいろいろと苦しめられた影響で無宗教が多いっていうのをネットで読んで
このことについて聞いてみたら
「本当です。チェコ人の多くは無宗教ですよ」と教えてくれました。

3人目はドイツの女性。
プロフィールに何にも書いてなくて、嫌な予感がしたんですが
「届いた」とのメッセージはちゃんと書いてありました。
が、すべてドイツ語だった…(苦笑)
HallloとかDankeとか書いてあったし、多分、「こんにちは。カードありがとう」みたいなことが書いてあるんだろうな。
プロフィール

miho

Author:miho
好きなコト:海外文通、マンガを読むこと、ポストカードを集めること。
NHKの「まいにち中国語」でゆっくりと中国語を学習中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
読書メーター
mihoの最近読んだ本
タグ

フランス オーストリア スロヴァキア カナダ マレーシア オランダ 中国 シンガポール スペイン インドネシア フィンランド イギリス ペンパル デンマーク ギリシャ 香港 ドイツ 台湾 ヴィクロテ チェコ アメリカ タイ 切手 日本 ベルギー 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード